2016年7月22日金曜日

KGK Frontline「受けた者が与える側へ。」(報告:城間創)




 関東地区では夏期学校の翌週にチャレンジキャンプ(通称CC)が開催されます。キャンプまで残り1ヶ月となり、委員会は細かい事務作業に入りました。すると、学生たちは各自のこだわりを主張するようになり、話し合いがスムーズにいかないことがたびたび起こるようになりました。考え方の違いがあるのは当然のこと。自分の意見が通らなかったとしても、他者の意見を聞き、ひとつのキャンプを作り上げていくことが良い訓練になるのだろうと考えています。
 同時に、学生の喜んで奉仕する姿には目を見張るものがあります。過去のキャンププログラムを研究するうちに、そこに隠されていた当時の準備委員の配慮に気付くようになって、「じゃあ僕たちはどう参加者に配慮できるのか?」と考えるようになっていきました。そこには、キャンプをより良くしたいという熱意と、恵みを受けた者が与える側に変えられていく感謝の応答があり、感銘を受けます。一方で準備委員の学生も一参加者としてCCで語られることばに聞いてほしいと願っています。神様に招かれた者すべてが、信仰理解を深める場となるようお祈りください。 (報告:城間創、取材執筆:油木桃子)

祈祷課題
・各地区の夏期学校やキャンプの準備のために。
・7月以降も派遣される熊本での学生ボランティアのために。
・KGKの財政の必要が満たされるように。
・世界160カ国以上で進められているIFESの学生宣教の働きのために。


全国の祈祷課題はこちらです。
http://www.kgkjapan.net/prayer.html

ご支援をお願いします。
この夏のキャンプや諸集会を覚えて、また遣わされている主事を覚えてのご支援をお願いします。
ご支援方法は、以下のウェブサイトよりご確認ください。
http://www.kgkjapan.net/for_supporters.html

Frontlineアンケートにご協力ください!

より良い情報発信のために、アンケートにご協力ください。多くの方の回答をお待ちしております。
http://goo.gl/forms/xKhdOFrZ1UTwtteA2