2016年9月17日土曜日

KGK Frontline「熊本ボランティア第6便。」




 今週の熊本ボランティアは、関東・中四国・九州地区の学生と主事で構成され、総勢11名で活動が行われました。九州キリスト災害支援センター(九キ災)を通して、住民の方の引越しや瓦礫撤去の手伝いに携った学生(関東地区)の声をお届けします。
  「この3日間、それぞれが色々なことを感じ、悩み、考えました。このボランティアに意味があるのか、被災者の痛みに寄り添えない自分の愛のなさにがっかりし、震災から5ヶ月が経っても未だ手がつけられていない建物を見てショックを受け、九キ災のスタッフの言葉に感動し励まされ、被災された方々に優しくして頂いたり…。これを他地区の学生とシェアできたこと、そして、主事の奨励や朝の全体ミーティングでのメッセージで、みことばによって励まされたことが感謝でした。」
 「ボランティアは信仰がなくてもできます。祈らなくてもできます。しかも、クリスチャンとしてボランティアをしたからって、それが相手に伝わるかはわからな...いし、伝わっていないように思えます。だけど、私たちが自己実現や、ただ人助けをしたいという思いを超えて、神様のために、神の国を熊本の地に、この世界に建てあげようと仕える時に、小さな点にすぎない働きを神様は用いて、そして繋げて下さるということに励まされ、希望を持つことができ、何より神様のためにという思いをもつことができました。」
 「僕たち、関東に住む者は中々ボランティアに行ったりは難しいかもしれません。けど、祈ることができます。心を合わせて祈りましょう。」
 今月末にもボランティア派遣の予定があります。学生たちが必要に応じて仕えることができるよう、続けてお祈りください。(取材執筆:油木桃子)


■祈祷課題
・継続される熊本ボランティアのために。復興が進むように。
・学生たちの残りの夏休みと後期への備えのために。
・KGKの財政の必要が満たされるように。
・世界160カ国以上で進められているIFESの学生宣教の働きのために。


■ご支援のお願い(九州ボランティアのために)
 ボランティア派遣、特に学生や主事の熊本までの交通費や被災地での活動費用のために、献金によるご支援をお願いいたします。献金方法の詳細は、以下よりご確認ください。なお、この献金の際には、かならず「九州ボランティアのために」とお書き添え(ご一報)下さいますよう、お願いいたします。
http://www.kgkjapan.net/for_supporters.html


■過去のボランティア報告
4/29付:https://kgkjapan.blogspot.jp/2016/04/kgk-frontline.html
5/13付:https://kgkjapan.blogspot.jp/2016/05/kgk-frontline.html
7/30付:https://kgkjapan.blogspot.jp/2016/07/kgk-frontline4.html